イラストの仕事を受注する方法

イラストの趣味を活かして副業を始めたい、そんな場合にはまずどうやって仕事を受注するか、という点を考える必要があるでしょう。もっとも手軽な方法は、クラウドソーシングサービスに登録をすることかもしれません。クラウドソーシングサービスには、イラストや記事作成など様々な特技を持った方が登録し、仕事を受注しています。イラストレーター向けのクラウドソーシングサイトもありますので、これからイラストを仕事にしたいと考えているのなら、登録を検討してみましょう。

ホームページやブログで作品をアピール

クラウドソーシングサイト等を通さず、個人で仕事を受けたいのなら、ホームページやブログなどを通して、自分の作品をアピールする必要があります。ホームページやブログを開設したら、作品を見て気に入った人が仕事を依頼できるよう、連絡先を必ず用意しておきましょう。SNSサービスを利用し、自身の作品を発表しているイラストレーターも多くいます。拡散力のあるSNSなら、発表したイラストがシェアによって多数の人の目に触れる、といったことが期待できます。

ストックフォトサイト等で販売する

依頼を受けてイラストを作成するのではなく、自由に描いたものを販売したい、そんな場合にはストックフォトサイト等を利用するのも一つの手です。ストックフォトサイトでは、クリエイターが手がけた様々な写真やイラストが販売されています。ダウンロード毎に報酬が発生する仕組みとなっていますので、一度登録をすれば継続的にイラスト販売を行えるのが魅力です。

イラスト講座は、まずデッサンなど基本的な能力をつける講座から始め、ゆくゆくは自己流のデザインをしていくことが多いです。